楽天モバイルアンリミット徹底解説

楽天モバイル、UN-LIMITプランをひたすら解説するブログ

【楽天モバイル UQモバイル 比較】アンリミット6と、くりこしプラン(S、M、L)を比較。違いはどこ?どっちがいいのか。料金、通信速度、エリアなど

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

Rakuten Hand実質0円!

楽天モバイル

2021年3月5日更新
このページの内容は、全て税込表記となっています。


楽天モバイルでは、4月1日から、UN-LIMIT Ⅵがはじまります。


一方のUQモバイルでは、2月1日から、新プラン、くりこしプランがはじまりました。


このページでは、楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵと、UQモバイルのくりこしプランを比較します。


どっちにしようか迷っている方の参考になればと思います。

楽天モバイルの料金プラン

基本料金、
データ容量
データ通信量によって料金が変動
0~1GB・・・0円
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

楽天回線エリア外は5GB/月
超過時1Mbps

通話 国内通話かけ放題
SMS 無料

楽天モバイルの料金プランは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の1つだけです。


ワンプランで、その月のデータ通信量に応じて料金が変わる。という柔軟なプランです。


はじめての方は、3ヶ月無料です。


UQモバイルの料金プラン

プランS プランM プランL
基本料金 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量 3GB 15GB 25GB
通話 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
SMS 3.3~33円 3.3~33円 3.3~33円


UQモバイルの料金プランは、「くりこしプランS」「くりこしプランM」「くりこしプランL」の3種類です。


それでは、楽天モバイルとUQモバイルを比較していきます。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その1:データ容量と料金

UQモバイルのプランS、プランM、プランLの上限である、3GB、15GB、25GB使った時の料金を比較すると、以下のようになります。

楽天モバイル UQモバイル
3GB 1,078円 1,628円
15GB 2,178円 2,728円
25GB 3,278円 3,828円

基本的に、楽天モバイルの方が安い料金設定となっています。


ちなみに、UQモバイルの方はデータの繰越ができます。


楽天モバイルの方は、毎月使ったデータ量に応じて料金が決まるので、余った分の繰越という概念はありません。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その2:通話

楽天モバイルは、Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話が時間無制限でかけ放題です。


それに対し、UQモバイルは、基本料金内には無料通話は含まれていません。

10分以内のかけ放題オプションが770円

時間無制限のかけ放題オプションが1,870円

基本料金にプラスしてこの金額がかかってきます。


Rakuten Linkアプリでの通話は音質、安定性も全く問題ないので、通話のことを考えても、楽天モバイルの方が安くあがります。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その3:割引

楽天モバイルでは、はじめての方は、基本使用料が3ヶ月無料になります。


家族割や、学割はありません。



UQモバイルのくりこしプランには、5歳~18歳を対象に、学割があります。


くりこしプランSの場合、8ヶ月間638円割引
くりこしプランM、Lの場合、12ヶ月間1,100円割引となります。


家族割での割引はありません。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その4:エリア

UQモバイルのエリアは、AUのエリアと同じなので、日本全国網羅されています。


一方の楽天モバイルは、楽天回線エリア内では楽天回線に、楽天回線エリア外ではAUの回線につながります。


つまり、つながるエリア自体はどちらもAUのエリアと同じなのですが、楽天モバイルの場合、楽天回線エリア外での高速通信は5GB/月までです。


それを超えると、速度が1Mbpsに制限されてしまいます。


楽天モバイルのエリアについて詳しくは、こちらのページをごらんください。

sumasuma-life.com


楽天モバイル、UQモバイル 比較その5:通信速度

楽天モバイル、UQモバイルともに、極端な人混みや、電波の入りづらい場所でなければ、基本的に、いつでも20Mbps前後の速度が出ます。


多くのMVNOのように、利用が集中する昼休み時間帯に極端に遅くなる。ということはありません。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その6:店舗数

現在、楽天モバイルのショップ数は、500店舗以上あります。


それに対し、UQモバイルの店舗(UQスポット)は、180店舗程度しかありません。


店舗でのサポートは、楽天モバイルの方が受けやすいです。


楽天モバイル、UQモバイル 比較その7:最低利用期間、違約金、手数料

楽天モバイルは、最低利用期間は設定されておらず、いつ解除しても違約金はかかりません。

また、契約事務手数料、MNP転出手数料もかかりません。


UQモバイルは契約時の事務手数料が3,300円かかります。

くりこしプランでは、最低利用期間は設定されておらず、いつ解約しても違約金はかかりません。

MNP転出手数料は、2021年4月から無料になります。


結局、どっちがいい?

結局どっちがいいの?ということですが、ざっくり言うなら、主に使うエリアが楽天回線エリアなら、楽天モバイル。それ以外なら、UQモバイル。ということで良いと思います。


UQモバイルには学割がありますが、対象だったとしても8ヶ月~12ヶ月だけなので、それほど大きなメリットではないかな。と思います。

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル